HOME> お知らせ> 2018.07

お知らせ

2018-08-21 ■ キャリアアップ助成金は3か月の有期雇用から始めましょう

人を採用するときは、試用期間を設けるのが一般的ですが、試用期間中だからといって、能力不足や勤務態度などの理由でやめてもらった場合、助成金が貰えなくなることがあります。

「うちみたいな小さな会社に来て貰っただけでありがたい」などとは、くれぐれも思わず、採用には慎重に取り組む必要があります。

慎重に採用しても、3か月ぐらいしないと、能力を見極められないことがあります。

試用期間を3か月にしても、そこで辞めてもらうと、会社都合による解雇になってしまい、しばらく助成金がもらえなくなってしまいます。

有期契約なら、そこで契約を切っても会社都合による解雇ではなく、契約期間満了による退職ですので助成金には影響ありません。

3か月の有期契約が終わる前に、能力、勤務成績・態度、会社の経営状況などから、契約を打ち切るか、更に3か月雇用するか判断します。

あと3か月継続雇用すると合計6か月雇用することになります。

6か月雇用したら、5%以上賃上げして、晴れて無期雇用の正社員に転換しますと、キャリアアップ助成金を受ける事ができます。

注意しなければならないのは、採用時、正社員に転換することを約束してはならないということです。

あくまでも有期契約社員として採用しなければなりません。

しかし、能力や勤務態度を見極めたり、解雇などのトラブルを避けたりするために、有期雇用するのもありだと思います。

小林事務所

人事コンサルタント・社会保険労務士・小林明

小林事務所 代表
採用・定着デザイナー
社会保険労務士 小林 明

創業昭和51年、信頼のおける社会保険労務士事務所です。
当事務所は、単なる手続代行業務から、採用・定着支援へと舵を切りました。
20人未満の小さな会社には、なかなか求める人材が応募してくれません。
運良く入社してくれても、すぐに辞めてしまう人材が後を絶ちません。
採用でミスしたばかりに、トラブルを起こしたり、いくら教育しても仕事を覚えてくれない社員もいます。
採用こそが人事労務管理のスタートです。
人に関する問題で一番大切なのが採用です。
小さな会社で、求める人材が採用でき、定着すれば会社の業績も上がります。
社長も社員も幸せになれます。
まずはご一報ください。

<所在地>
【小林社会保険労務士事務所】
〒197-0811
東京都あきる野市原小宮1-5-7
TEL 042-558-2744
FAX 042-559-1836
E-Mail info@sr-kobayashi.jp

<WEBサイト>
【オフィシャルサイト】
http://www.sr-kobayashi.jp