HOME> お知らせ> 2018.06

お知らせ

2018-06-18 ■ 東京都ではキャリアアップ助成金に上乗せがあります

東京都は、国が実施するキャリアアップ助成金(正社員化コース)の上乗せ支給を行っております。

キャリアアップ助成金(正社員化コース)は、中小企業の場合、有期契約労働者を正社員に転換すると1人57万円(生産性要件を満たした場合72万円)を受けることができる制度です。

29年度までは「東京都正規雇用転換促進助成金」という名称で、中小企業の場合、1人当たり50万円の助成(中退共制度に加入させた場合10万円を上乗せ)が受けられました。
東京都正規雇用転換促進助成金 | 企業向け支援 | TOKYOはたらくネット

平成30年度は「東京都正規雇用転換安定化支援助成金」という名称に変わり、助成額も1人あたり20万円(退職金制度を整備したら10万円を加算)とずいぶん小粒になってしまいました。
東京都正規雇用等転換安定化支援助成金 | 企業向け支援 | TOKYOはたらくネット

しかも、以下のように会社が実施しなければならないことは逆に増えています。
 1. 3年間の指導育成計画の策定
 2. 指導育成者(メンター)の選任及びメンターによる指導
 3. 指導育成計画に基づく研修の実施

申請受付機関は11月1日なので、それまでに東京労働局からキャリアアップ助成金(正社員化コース)支給決定通知書が会社宛に届いていないと申請できません。

書類の作成や提出などにかかる時間を考慮すると10月初旬には、届いている必要があります。

しかも予算を超えたら終わりなので、もっと早く届いていないと申請できないかもしれません。

でも、考えてみてください。

指導育成計画や指導育成者の選任や指導、指導育成計画に基づく研修の実施って当たり前のことではないでしょうか?

当たり前のことを当たり前に実施して、20〜30万円もの助成金までもらうことができるのなら、こんなにいいことはありません

たとえもらえなくても、有期雇用から正社員に転換した社員は、実務能力が向上し、安心して働くことができ、満足度も向上します。

会社の生産性も向上し、雇用が安定し、人手不足時代を乗り切ることができるようになります。。

いいことばかりなので、事業主には、ぜひ指導育成計画、メンターの選任・指導、指導育成計画に基づく研修を行っていただきたいと思います。

小林事務所

人事コンサルタント・社会保険労務士・小林明

小林事務所 代表
採用・定着デザイナー
社会保険労務士 小林 明

創業昭和51年、信頼のおける社会保険労務士事務所です。
当事務所は、単なる手続代行業務から、採用・定着支援へと舵を切りました。
20人未満の小さな会社には、なかなか求める人材が応募してくれません。
運良く入社してくれても、すぐに辞めてしまう人材が後を絶ちません。
採用でミスしたばかりに、トラブルを起こしたり、いくら教育しても仕事を覚えてくれない社員もいます。
採用こそが人事労務管理のスタートです。
人に関する問題で一番大切なのが採用です。
小さな会社で、求める人材が採用でき、定着すれば会社の業績も上がります。
社長も社員も幸せになれます。
まずはご一報ください。

<所在地>
【小林社会保険労務士事務所】
〒197-0811
東京都あきる野市原小宮1-5-7
TEL 042-558-2744
FAX 042-559-1836
E-Mail info@sr-kobayashi.jp

<WEBサイト>
【オフィシャルサイト】
http://www.sr-kobayashi.jp