HOME> お知らせ> 2016.06

お知らせ

2016-06-15 ■ 社員の心に弾力性を待たせる研修をやりましょう

先日、望月禎彦先生による「レジリエンス研修の進め方」というセミナーに参加してきました。

レジリエンスとは困難な状況から立ち直る心の弾力性のことです。

今回は、先生に聞いた話をちょっとだけシェアしたいと思います。

長所と短所は裏表であり、分けて考えてはいけません。

意外に思われるかもしれませんが、殆どの人は短所ではなく、長所で失敗してしまうのです。

長所も行き過ぎれば命取りになります。

望月先生は、長年にわたり某カーディーラーの教育研修をしています。

ある日、そこにカーレーサーのS氏がやってきました。

望月先生はS氏に、こんな質問をしました。

「一番早いカーレーサーってどんな人ですか?」

S氏は素人にわかるように説明するにはどう言ったらいいのだろうか、としばし考え、

「誰よりも遅くブレーキを踏み、誰よりも早くアクセルを踏む人」

と答えたそうです。

誰よりも遅くブレーキを踏み、誰よりも早くアクセルを踏むことが出来る人は、誰よりも速く走ることができます。

ずば抜けた運転テクニックや動体視力、スピードに恐怖心を持たないという長所。

実は、これこそが命取りになってしまうのです。

アイルトン・セナという天才ドライバーもスピードに恐怖を感じなかったようです。

それが命取りになってしまったのかもしれません。

行き過ぎれば命取りになりかねない長所を伸ばすより、短所を言い換えて長所にしてみた方が、心に弾力性ができて、変化の激しい時代に生き残れるようになります。

御社にも、すぐ心が折れてしまう社員はいませんか?

レジリエンス研修で、社員の心に弾力性をつけてみたいと思いませんか?

レジリエンス研修に興味おありの社長様、初回相談は無料です。

電話は以下からお願いします。

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

TEL 042-558-2744

小林事務所

人事コンサルタント・社会保険労務士・小林明

小林事務所 代表
採用・定着デザイナー
社会保険労務士 小林 明

創業昭和51年、信頼のおける社会保険労務士事務所です。
当事務所は、単なる手続代行業務から、採用・定着支援へと舵を切りました。
20人未満の小さな会社には、なかなか求める人材が応募してくれません。
運良く入社してくれても、すぐに辞めてしまう人材が後を絶ちません。
採用でミスしたばかりに、トラブルを起こしたり、いくら教育しても仕事を覚えてくれない社員もいます。
採用こそが人事労務管理のスタートです。
人に関する問題で一番大切なのが採用です。
小さな会社で、求める人材が採用でき、定着すれば会社の業績も上がります。
社長も社員も幸せになれます。
まずはご一報ください。

<所在地>
【小林社会保険労務士事務所】
〒197-0811
東京都あきる野市原小宮1-5-7
TEL 042-558-2744
FAX 042-559-1836
E-Mail info@sr-kobayashi.jp

<WEBサイト>
【オフィシャルサイト】
http://www.sr-kobayashi.jp