HOME> お知らせ> 2016.01

お知らせ

2016-01-15 ■ 社員教育は必ずやりましょう

御社では、社員教育していますか?

やってはいても、

外部研修は、金融機関による格安で短時間のビジネスマナー研修程度。

内部では、通り一遍、基本的な仕事の進め方を教えるだけ、あとは見て覚えさせる程度。

ではありませんか?

実は、短時間のマナー研修を受けさせるだけでも、まともかもしれません。

私が以前勤務していた会社(社員数100名程度の工作機械メーカー)では、教育も研修も全くありませんでした。

先輩社員や上司にたずねれば、やり方を教えてくれはしましたが・・・

その会社、数年前に倒産しました。

理由は、アメリカへの進出にかかった費用が回収できなかったから、などと言われていますが、それだけではないと思います。

社員の教育さえしない会社が存続できるでしょうか。

そこは、社員同士がとても仲が良く居心地のいい会社でした。

ある程度労働組合が強く、労働条件は小さな会社にしては上々でした。

でも、緊張感がゼロに等しく、会社の危機もなんのその、ボーナスが低いだの給料が安いだの、組合員は会社に対する文句ばかり言っていました。

殆どの社員は、言われたことだけやっているだけ。

経営理念など耳にしたことがありませんでした。

一体会社は何を目的にしているのか、どこへ向かおうとしているのか、さっぱりわかりませんでした。

これでは、多くのごく普通の社員は自発的に働けません。

会社が、目指す目的、理念を持ち、社員自ら考え、行動できる仕組みがあったら、あるいは倒産せずに済んだかもしれません。

それどころか、業績が益々向上していたかもしれません。

では、一体どうしたらごく普通の社員でも自ら考え、行動できるように成長するのでしょうか?

それには、きちんとした教育・研修を継続して行う必要があります。

行動力をアップする研修、思考力をアップする研修。

小林事務所では、それができます。

社員が、自ら考え、行動して欲しいとお考えの社長様、初回相談は無料です。

セミナーのご依頼も受け付けております。

小林事務所

人事コンサルタント・社会保険労務士・小林明

小林事務所 代表
採用・定着デザイナー
社会保険労務士 小林 明

創業昭和51年、信頼のおける社会保険労務士事務所です。
当事務所は、単なる手続代行業務から、採用・定着支援へと舵を切りました。
20人未満の小さな会社には、なかなか求める人材が応募してくれません。
運良く入社してくれても、すぐに辞めてしまう人材が後を絶ちません。
採用でミスしたばかりに、トラブルを起こしたり、いくら教育しても仕事を覚えてくれない社員もいます。
採用こそが人事労務管理のスタートです。
人に関する問題で一番大切なのが採用です。
小さな会社で、求める人材が採用でき、定着すれば会社の業績も上がります。
社長も社員も幸せになれます。
まずはご一報ください。

<所在地>
【小林社会保険労務士事務所】
〒197-0811
東京都あきる野市原小宮1-5-7
TEL 042-558-2744
FAX 042-559-1836
E-Mail info@sr-kobayashi.jp

<WEBサイト>
【オフィシャルサイト】
http://www.sr-kobayashi.jp