HOME> お知らせ> 2015.09

お知らせ

2015-09-16 ■ 固定残業代の導入には以下の点に注意しましょう

最近、固定残業代に対する風当たりが強くなってきました。

固定残業代を採用している会社はブラックだから入社しない方がいいという主張をしている書籍まで発売されています。

社員の採用に支障を来す恐れもあるので、将来的には廃止した方がいいかもしれません。

しかし、現時点では、以下のようなメリットもあります。

1.時間外労働が一定時間を超えるまでは、計算する必要がないほど賃金計算が簡略化できる

2.一定時間までは、残業してもしなくても、同じ給料しか貰えないので、残業代稼ぎをする社員がいなくなる→時間外労働が削減できる→ワーク・ライフ・バランスの実現に繋がる

3.一定時間までの残業代を削減できる

4.一定時間を超える時間外手当も削減できる

以上メリットはありますが、固定残業代の導入には、いくつか注意すべき点があります。

1.就業規則、労働契約書等で固定残業代とそれ以外の賃金を明確に区別する

2.就業規則、労働契約書等で固定残業代と固定残業時間数を明示する

3.固定残業代で決められた一定時間を超えたら、超えた分の残業代を別途支払う

4.賃金を支給するときに、実際の残業時間数と固定残業代を明示する。固定時間を超えた分は別途明示する。

5.固定残業代で定める一定時間は最高でも45時間以内に抑える

以上の点に注意して、就業規則、労働条件通知書、労働契約書、賃金明細等を作成して下さい。

固定残業代についてお悩みの社長さんには、初回無料でご質問受け付けております。

小林事務所

人事コンサルタント・社会保険労務士・小林明

小林事務所 代表
採用・定着デザイナー
社会保険労務士 小林 明

創業昭和51年、信頼のおける社会保険労務士事務所です。
当事務所は、単なる手続代行業務から、採用・定着支援へと舵を切りました。
20人未満の小さな会社には、なかなか求める人材が応募してくれません。
運良く入社してくれても、すぐに辞めてしまう人材が後を絶ちません。
採用でミスしたばかりに、トラブルを起こしたり、いくら教育しても仕事を覚えてくれない社員もいます。
採用こそが人事労務管理のスタートです。
人に関する問題で一番大切なのが採用です。
小さな会社で、求める人材が採用でき、定着すれば会社の業績も上がります。
社長も社員も幸せになれます。
まずはご一報ください。

<所在地>
【小林社会保険労務士事務所】
〒197-0811
東京都あきる野市原小宮1-5-7
TEL 042-558-2744
FAX 042-559-1836
E-Mail info@sr-kobayashi.jp

<WEBサイト>
【オフィシャルサイト】
http://www.sr-kobayashi.jp