HOME> お知らせ> 2014.02

お知らせ

2014-03-17 ■ 正社員登用制度の導入で非正規社員のやる気に火を点けよう!!

労働契約法が改正され、期間の定めのある労働者(有期労働契約者、いわゆる非正規社員といってもいいでしょう)でも、5年を超えて契約を反復更新した場合、申込をすれば、無期契約に転換されることになりました。

といっても、別段の定めがないかぎり、正社員へ転換されるわけではなく、以前と同じ労働条件でありながら、契約期間のみが無期契約となるに過ぎません。

しかし、契約期間が5年を過ぎたからといって、全員を非正規のまま無期雇用に転換する、あるいは5年間で全員雇い止めする、というのも芸がありません。

そこで、正社員への転換制度を設けてみてはいかがでしょうか?

公正な評価制度を設け、会社が必要とする一定のレベルに達した非正規社員だけ、正社員に登用するのです。

5年間も契約期間があれば、評価するには十分でしょう。

ただし、正社員に登用されなかった者の不満が爆発し、トラブルが発生する恐れがあります。

1年ごとの契約期間を繰り返しながら、公正な評価をし、適切なフィードバックをしても、なお、成果をあげることができない非正規社員に対しては、5年目の契約のときに、最終更新契約を結ぶ必要があります。

4年間のうちに、社長が望む成果をあげた非正規社員に対しては、5年目の契約のときに、来年度は、正社員として雇い入れることがあり得る旨、伝えます。

やる気の無い非正規社員でも、会社が望む成果をあげれば、正社員へ登用される望みがあれば、夢中で働くのではないでしょうか。

仕組み作りは、ある程度複雑になります。

人事・賃金・評価制度の構築、就業規則における正社員登用制度の規定追加、人材育成の仕組み作りなど・・・

ここで私が強調したいのは、誰にでも、持ち味があり、その持ち味を発揮できる職場があれば、成果をあげることができるということです。

小林事務所

人事コンサルタント・社会保険労務士・小林明

小林事務所 代表
社会保険労務士 小林 明

創業昭和51年、信頼のおける社会保険労務士事務所です。
当事務所は、単なる手続代行業務から、人事労務管理コンサルティングへと梶を切りました。
命令されたこと以外やらない社員、指示を待っているだけの社員、やる気のない社員でも、持ち味を引き出すことができれば、仕事大好きスター社員に変身します。
経営理念からスタート、就業規則、人事・賃金・評価制度といった仕組み作りをしていきながら、社長の思いを社員に伝え、社員も自由に意見できる風通しの良い職場を作ります。

社長と社員が信頼関係で結ばれ、ゆるぎない経営理念を実現する仕組み作りのお手伝いをします。

<所在地>
【小林社会保険労務士事務所】
〒197-0811
東京都あきる野市原小宮1-5-7
TEL 042-558-2744
FAX 042-559-1836
E-Mail info@sr-kobayashi.jp

<WEBサイト>
【オフィシャルサイト】
http://www.sr-kobayashi.jp