HOME> お知らせ> 2013.10

お知らせ

2013-10-15 ■ 10月1日から健保給付の対象が拡大しています

今まで、健康保険は業務外の事由による疾病、負傷若しくは死亡又は出産に対して保険給付を行っていました。

「何を今さら」という声も聞こえてきそうですが・・・

業務」とは「人が職業その他社会生活上の地位に基づいて、継続して行う事務又は事業の総称」と解釈されています。

したがって、請負業務インターンシップ又はシルバー人材センターの会員が業務を行っているときに負傷した場合は、健康保険から保険給付は行われず、また、労災保険からも保険給付が行われないケースが生じていました。

以上のようなケースを解消するため、健康保険法の一部が改正され、健康保険では、被保険者又は被扶養者の労働者災害補償保険の業務災害以外の疾病、負傷若しくは死亡又は出産に対して保険給付を行うこととなりました。

ただし、被保険者又は被扶養者が法人の役員である場合であって、その法人の役員の業務に起因する疾病、負傷若しくは死亡に対しては、引き続き健康保険から保険給付を行うことはできないので注意してください。

でも、被保険者の数が5人未満である適用事業所に使用される法人の役員であって、一般の従業員が従事する業務と同一である業務を遂行している場合において、その業務に起因する疾病、負傷若しくは死亡に対しては、健康保険から保険給付が行われますので、ご安心を。

>> 健康保険と労災保険の適用関係の整理について

>> 健康保険の被保険者又は被扶養者の業務上の負傷等について(平成25年10月から)

小林事務所

人事コンサルタント・社会保険労務士・小林明

小林事務所 代表
社会保険労務士 小林 明

創業昭和51年、信頼のおける社会保険労務士事務所です。
当事務所は、単なる手続代行業務から、人事労務管理コンサルティングへと梶を切りました。
命令されたこと以外やらない社員、指示を待っているだけの社員、やる気のない社員でも、持ち味を引き出すことができれば、仕事大好きスター社員に変身します。
経営理念からスタート、就業規則、人事・賃金・評価制度といった仕組み作りをしていきながら、社長の思いを社員に伝え、社員も自由に意見できる風通しの良い職場を作ります。

社長と社員が信頼関係で結ばれ、ゆるぎない経営理念を実現する仕組み作りのお手伝いをします。

<所在地>
【小林社会保険労務士事務所】
〒197-0811
東京都あきる野市原小宮1-5-7
TEL 042-558-2744
FAX 042-559-1836
E-Mail info@sr-kobayashi.jp

【人事労務相談室】
〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-8-2
ホシナビル新館 Legal Partners内

<WEBサイト>
【オフィシャルサイト】
http://www.sr-kobayashi.jp