HOME> お知らせ> 2013.02

お知らせ

2013-02-07 ■ 脱ストレスで社員のやる気をバージョンアップ!!

全国健康保険協会(協会けんぽ)の健康サポートサイトで、今年の目標の一つに「脱ストレス思考」も取り入れてみてはいかが、とメンタルヘルスの特集を組んでいます。

自分をたくさんほめて、反省は少ない方がいい、「他人と過去は変えられない」大切なのは、「今とこれから」と書かれている記事から、零細企業の社長と社員の関係に応用してみたいと思います。

以下、下線の引かれた青の太字は、記事内容です。続けて、私の考えを述べています。

1.「がんばったこと」や「できたこと」をたくさんみつけて、自分をたくさんほめてあげましょう。
社長さんは「がんばったこと」や「できたこと」をたくさんみつけて、社員をたくさんほめてあげてください。

2.目標を立てて達成できなかったことがあったとしても、それに対して少しでも「がんばった自分」がいるのなら、それを認め、十分に評価しましょう。
社長さんは、社員が目標を立てて達成できなかったことがあったとしても、それに対して少しでも「がんばった社員」がいるのなら、それを認め、十分に評価しましょう。

3.目標に対して「全然できなかった」のであれば、できなかったことを悔やむのでなく、「なぜできなかったのか」「今度はどうすればよいのか」について、考えてみるとよいでしょう。
社員が、目標に対して「全然できなかった」のであれば、できなかったことを攻めるのでなく、「なぜできなかったのか」「今度はどうすればよいのか」について、フィードバックするとよいでしょう。

4.「他人と過去は変えられない」。大切なのは、「今とこれから」。
思いどおりにならない他人に対してストレスを感じるよりも、そもそも他人は変えられない存在と考え、他人に対して何かを要求するのではなく、自分からどう接したらよいか考えていくほうが有効です。

思い通りにならない社員に対して、ストレスを感じるよりも、そもそも、他人である社員は変えられない存在と考え、社員に対して、何かを要求するのではなく、社員ひとりひとりの持ち味を引き出す方が有効です。

>> 今年の目標は「脱! ストレス思考」|たまむすびけんぽ:たまむすび 協会けんぽ 健康サポート

小林事務所

人事コンサルタント・社会保険労務士・小林明

小林事務所 代表
社会保険労務士 小林 明

創業昭和51年、信頼のおける社会保険労務士事務所です。
当事務所は、単なる手続代行業務から、人事労務管理コンサルティングへと梶を切りました。
命令されたこと以外やらない社員、指示を待っているだけの社員、やる気のない社員でも、持ち味を引き出すことができれば、仕事大好きスター社員に変身します。
経営理念からスタート、就業規則、人事・賃金・評価制度といった仕組み作りをしていきながら、社長の思いを社員に伝え、社員も自由に意見できる風通しの良い職場を作ります。

社長と社員が信頼関係で結ばれ、ゆるぎない経営理念を実現する仕組み作りのお手伝いをします。

<所在地>
【小林社会保険労務士事務所】
〒197-0811
東京都あきる野市原小宮1-5-7
TEL 042-558-2744
FAX 042-559-1836
E-Mail info@sr-kobayashi.jp

【人事労務相談室】
〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-8-2
ホシナビル新館 Legal Partners内

<WEBサイト>
【オフィシャルサイト】
http://www.sr-kobayashi.jp